ご案内
  ベリーベアの6つの大切
  入園のご案内
 施設ガイド
 一日の流れ
 年間行事予定
 給食献立表
 マップ
 トピックス
 関連保育施設
 お問合せ
トピックス

   加湿器によるやけどにご注意を!
子ども安全メール from 消費者庁
2011年12月13日
乾燥しがちな室内を快適な湿度に保つ加湿器が欲しくなる季節になりました。
さまざまな製品がありますが、水を加熱して水蒸気を発生させるタイプ(スチーム式、スチームファン式など)によるやけど事故が多数報告されています。

加湿器によるやけどの事故は就学前の子ども、特に1歳未満の子どもに多く起こっています。
また、乳幼児は皮膚の厚さが大人の半分以下と大変薄いため、深いやけどになるケースが多くみられます。

乳幼児のいる家庭では、熱い蒸気の出るスチーム式加湿器は避けた方がよいでしょう。
特にペットボトルを利用する加湿器は安定性が悪いものが多いため、乳幼児のいる家庭には不向きです。

加湿器を選ぶ際はハイブリッド式等の熱い蒸気の出ないものを選び、子どもの手の届かないところに置きましょう。
また、手の届かないところに置いた加湿器の電源コードを引っ張ってひっくり返し、熱湯を浴びるという事故も起きています。
電源コードの扱いにも十分にご注意ください。

皆様の体験談や工夫
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/experiences/index.php
お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをこちらまでお寄せください。 =>https://form.caa.go.jp/shohisha/opinion-0013.php

■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   地域交流会へのお誘い♪
ナーサリールームベリーベアー日本橋
2011年11月7日
-----このイベントは終了いたしました。-----

子育て奮闘中のお母様!お父様!
お子様とご一緒にベリーベアー日本橋に遊びにいらっしゃいませんか?
保育園での人気の手作りおやつのレシピ紹介や簡単な手作り玩具の体験、茶話会など、この機会にぜひお楽しみいただければと思います。

日 時 : 平成23年11月26日(土曜日)
場 所 : ナーサリールームベリーベアー日本橋 (地図)
参加費 : 無料(要予約)
対 象 : 0〜2歳児
持ち物 : なし

ご予約は下記までお願いいたします。
【ナーサリールームベリーベアー日本橋】
東京都中央区富沢町11-19
03-5847-4067

   銀杏の食べ過ぎに気をつけて!
子ども安全メール from 消費者庁
2011年11月4日
茶碗蒸しに欠かせない銀杏。
古くから薬用にも用いられてきましたが、「食べ過ぎは良くない」という話を聞いたことはありませんか?
それは、中毒を起こす可能性があるからなのです。
中毒の原因は長い間不明でしたが、近年、銀杏に含まれる有毒成分「4’-MPN」(アンチビタミンB6の一種)であることが明らかになりました。
この有毒成分は熱に強いため、煮ても焼いても消滅しません。
中毒を起こす量は不明ですが、小さな子どもが5〜6個程度を食べて中毒を起こした例があるとする研究があります。
症状は、主におう吐と痙攣(けいれん)で、特に痙攣が繰り返されることが多いようです。
これらの症状は、銀杏を食べて1〜12時間後に現れ約半数は24時間以内に回復しますが、わずかながら死亡例があるので注意が必要です。
症状が見られたときは、吐かせると痙攣を誘発するのでなるべく吐かせないようにして、病院に行くことをお勧めします。
旬の銀杏は大変に美味しいものですが、幼児にあげることは避け、大人が適量を楽しみましょう。

皆様の体験談や工夫
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/experiences/index.php
お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをこちらまでお寄せください。 =>https://form.caa.go.jp/shohisha/opinion-0013.php

■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   お買いもの体験に行きました
ナーサリールームベリーベアー用賀
2011年11月2日
ひまわり組(2歳児クラス)では、お買いもの体験で地域の八百屋さんとお花屋さんに行き、さつまいもやにんじんなどを購入してきました。
元気よく挨拶もでき、子どもたちは興味深く野菜の名前を言ったりして楽しそうでした。
給食の時テーブルの上に飾ったお花を見て、「きれいだね」と皆嬉しそうでした。

【ナーサリールームベリーベアー用賀】
東京都世田谷区用賀2-27-1 大東京ビル3階
03-6382-7300

   「給食米」についてのお知らせ
2011年10月18日
平素は、当園をご利用いただ誠にありがとうございます。

保育園の給食米が新米になりましたので、ご案内させていただきます。
今週より、順次新米の提供が始まります。
当園のお米は契約農家のご協力のもと、毎回少量使い切り分のお米が発送直前に精米されて届きます。
契約農家のご協力により、いつでも美味しいお米をご提供することができています。
今週からは新米になり、さらに美味しくなりますので、お子様の笑顔が楽しみです。
今後も、十分な栄養と豊かな食材を使った給食をご提供できますよう努めて参りますのでよろしくお願い申し上げます。

※給食米は、昨年より秋田県産から長野県産に切替をしました。
また、今年収穫分を検査致しましたが、放射性物質は検出されませんでした。

   鈴虫を飼っています。
ナーサリールームベリーベアー小岩
2011年10月4日
園では先日より鈴虫を飼い始めました。
「リーンリーン」という音がお部屋に響き、園内は秋の雰囲気がいっぱいです。
今後エサやりのお当番等も考えながら、秋に触れていきたいと思っています。

【ナーサリールームベリーベアー小岩】
東京都江戸川区小岩1-24-13 大瀧ビル2階
TEL:03-5612-1617

   歯みがき中は、歩いたり走ったりしないで!
子ども安全メール from 消費者庁
2011年9月30日
30代の女性より次の体験談をいただきました。
「息子が2歳になったころ、テレビを見ていたら『歯みがきをしよう!』という内容でした。
息子が真似をして、自分で歯ブラシを持ってきて歯みがきを始めました。
ところが突然、『体操をしよう!』という内容に変わり、つられて息子は歯ブラシをくわえたまま体操を始めたのです。
『危ない!』と止める間もなく転んでしまい、歯ブラシがノドに突き刺さって裂傷を負ってしまいました。
ずいぶん血が出てヒヤリとしました。」

東京消防庁の調査によると、歯みがき中の事故は、乳幼児(5歳以下)の中でも特に1,2歳児に多く発生しており、その半数以上が、歯ブラシをくわえたまま歩くなどして転倒し、受傷したものです。
お子様が歯みがきをするときは、歯ブラシをくわえたまま歩いたり走ったりさせないようにしてください。
歯みがきに集中させるようにしましょう。

皆様の体験談や工夫
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/experiences/index.php
お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをこちらまでお寄せください。 =>https://form.caa.go.jp/shohisha/opinion-0013.php

■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   嘱託医による歯科健診を行いました。
ナーサリールームベリーベアー東雲
2011年9月20日
5歳児は、2回目の歯科指導、4歳児は初めての歯科指導でした。
歯垢チェックの赤い染色液に口が真っ赤になり、子どもたちはビックリした表情を見せていました。
丁寧に磨くことにより、赤い色が消え白い歯が見えるとホッとした表情を見せる子どもたちでした。
歯科健診を行いました。 歯科健診を行いました。
 【ナーサリールームベリーベアー東雲】
東京都江東区東雲2-3-17 グレイス・TOKYOベイ光伸3階
TEL:03-3527-7905

   窓際やベランダに踏み台になるものは置かないで!
子ども安全メール from 消費者庁
2011年9月8日
30代の女性より次の体験談をいただきました。
「4階の部屋で掃除をするために窓を開けてたんですが、2歳10か月の息子が窓際に置いてあったベビーベッドの柵によじ登って窓から下を覗いていたみたいで、気が付いた時には足しか見えない状態に!
あわてて抱えて部屋に入れました。もう少し気付くのが遅かったら息子は下に真っ逆さま!考えただけでも恐ろしい体験をしました。」

「救急搬送データからみる乳幼児の事故」(東京消防庁)によると、乳幼児(0〜5歳)が窓やベランダから転落する事故は、5年間(平成18年〜平成22年)で217件(窓158件、ベランダ59件)あり、入院するような大怪我をした乳幼児の割合は、窓では4割、ベランダでは5割を超えています。
こうした転落事故は、乳幼児が窓際やベランダの柵の近くにあるものを踏み台にして身を乗り出し、外を見るなどしているうちに起こります。
窓際にはベビーベッドやソファーなど、ベランダには植木鉢や新聞紙の束など、子どもの踏み台になるものは置かないようにしましょう。

皆様の体験談や工夫
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/experiences/index.php
お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをこちらまでお寄せください。 =>https://form.caa.go.jp/shohisha/opinion-0013.php

■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   歩き始めたばかりの娘が包丁を!
子ども安全メール from 消費者庁
2011年9月1日
30代の女性より次のような体験談をいただきました。
「娘が歩き始めたばかりの頃のこと。
ふと見たら、娘が包丁を持ってニコニコ歩いていたのです。
そぉーっと近づき、ゆっくり手を握って取り上げました。
幼い娘にはまだ開けられないと思い、レンジ台の扉にストッパーを付けていませんでした。」

小さな子どもは、大人が使うものに興味を持ち、まねをして自分でも使おうとします。
まな板の上の包丁を取ろうとして、足の上に落としたり、洗面台のカミソリの刃を握ってしまうこともあるので、注意が必要です。
刃物を使用したらすぐに収納場所に片付けましょう。
また、収納場所の扉や引き出しには子どもが開けられないように、ストッパーを付けるのも一案です。

皆様の体験談や工夫
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/experiences/index.php
お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをこちらまでお寄せください。 =>https://form.caa.go.jp/shohisha/opinion-0013.php

■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   こんにゃく入りゼリーによる窒息事故防止のための情報提供について
消費者庁より
2011年8月12日

消費者庁では、一口タイプのこんにゃく入りゼリーについて、窒息の危険性があるため、子どもや高齢の方が食べることのないよう、注意を呼び掛けてまいりました。
また、事業者に製品の改良を要請するなどの取組みも進めています。
なお、一口タイプのこんにゃく入りゼリーは、子どもや高齢者には不向きであることを示す統一的な警告マークや注意書きが表示されています。
購入される際やお食べになる際には、表示を充分に確認して下さい。

※画像をクリックすると、消費者庁のホームページに掲載されているPDFが開きますのでご覧下さい。


   テーブルの角にご注意!
子ども安全メール from 消費者庁
2011年8月11日
30代の女性より次の体験談をいただきました。
「1才の男の子です。部屋の中を兄弟で走り回っていたとき転び、テーブルの角で目の横を切りました。
泣いて血も出ていたので、怪我の状態がよくわからないまま病院に連れていきました。
夜間だったため小児科の先生がいなかったものの、たまたま外科の先生で、診てすぐ目は大丈夫と言っていただいてホッとしました。少しでもずれていたらと思うと今でもゾッとします。」
東京都の調査によると、商品などが原因で、子ども(1歳?6歳)が実際に怪我をした事例の中では、テーブルに衝突する事故が最も多いことが分かりました。
ダイニングテーブルは、高さ70cm前後のものが多く売られていますが、これは1歳頃の子どもの目の高さとほぼ同じです。
万一衝突しても大怪我をしにくいように、テーブルは丸みのあるデザインを選び、角にはクッションテープを取り付けるなどの工夫をしましょう。

皆様の体験談や工夫
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/experiences/index.php
お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをこちらまでお寄せください。 =>https://form.caa.go.jp/shohisha/opinion-0013.php

■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   プール熱にご注意!
子ども安全メール from 消費者庁
2011年8月8日
咽頭結膜熱(プール熱)は、アデノウイルスの感染により、発熱(38〜39度)、のどの痛み、結膜炎といった症状を現す、小児に多い病気です。
流行のピークは7月〜8月。
プールで感染者と接触したり、タオルを共用することなどで感染することがありますので、プールに入る今の時期は、特に注意が必要です。
予防のためには、プールからあがったら、必ずシャワーを浴びて、うがいをしましょう。タオルは貸し借りしないで、自分のものを使いましょう。
咽頭結膜熱にかかると、高熱が続く(5日間前後)ことがあります。高熱や吐き気、頭痛、せきが続くときは、早めに医療機関に受診してください。

皆様の体験談や工夫
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/experiences/index.php
お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをこちらまでお寄せください。 =>https://form.caa.go.jp/shohisha/opinion-0013.php

■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   本部が移転しました
2011年8月1日
平素は保育園の運営に多大なるご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度当社は、東日本大震災発生に伴い、災害時の本部機能強化のため本部の移転を行いました。
新住所は以下の通りとなります。

  東京都渋谷区神宮前6-16-18 サンドー原宿ビル3階

なお、移転に伴う電話番号の変更はございません。
今後とも代わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

株式会社ネス・コーポレーション
代表取締役 堀 雅晴

   子どもの熱中症対策を!ただし古い扇風機の事故に注意
子ども安全メール from 消費者庁
2011年7月15日
子どもは体温調節機能が十分に発達していないために、大人よりも熱中症にかかりやすく、特に注意が必要です。
熱中症の予防には「水分補給」と「暑さを避けること」が大事です。
例えば、こまめに水分を補給する、扇風機やエアコンを使って室温を調整する、外出時は帽子をかぶらせるなどの対策があります。
また、お子様の体温が上がっていないか、こまめにチェックすることも重要です。

なお、今年は節電対策のために、扇風機を使う御家庭が増えていますが、その一方で、古い扇風機が発煙・発火する事故が報告されています。
長年使用している扇風機は熱・湿気・ホコリなどにより部品が劣化し、発煙・発火しやすくなっているおそれがありますので、使用前に点検・確認をして、安全にお使いください。

(参考)扇風機について確認・注意をするポイント =>http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/vol/20110707.php#point

皆様の体験談や工夫
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/experiences/index.php
お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをこちらまでお寄せください。 =>https://form.caa.go.jp/shohisha/opinion-0013.php

■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   地域交流会を行います!
ナーサリールームベリーベアー久が原
2011年6月29日
-----このイベントは終了いたしました。-----

7月9日(土)10:00〜11:00
ナーサリールームベリーベアー久が原にて、地域交流会を行います!
当日は「保育園の給食(離乳食)」をテーマにし、離乳食の形状を初期・中期・後期・完了期・幼児食と順を追って見ていただきます。
実際に試食をしていただいたり、栄養士に質問していただくこともできます。
ご興味がある方は、当園までご連絡ください。

なお、対象は離乳食を食べている方で、先着5名までとさせていただきます。

【ナーサリールームベリーベアー久が原】
東京都大田区久が原3-36-13 久が原クリニックビル2階
TEL:03-5748-7171

   幼児を自転車に乗せる際はヘルメットの着用を!
子ども安全メール from 消費者庁
2011年6月28日
30代の女性より
「自転車の前座席に子どもを乗せて走り出そうとしたところ、雨で自転車のハンドルグリップが滑り子どもが乗った自転車ごと倒れてしまった。
倒れた衝撃で子どもは大泣きだったが、シートベルトとヘルメットをかぶっていたので怪我は避けられた。」
という体験談をいただきました。

財団法人自転車産業振興協会によると、幼児(6歳未満)の保護者の3人に1人が自転車用の幼児座席使用時に、子どもに怪我をさせた経験があり、怪我の場所は、頭部が3割以上になっています。
幼児を自転車に乗せる際は、シートベルトを装着するとともに、頭部の怪我を防ぐため、必ずヘルメットを着用させましょう。
なお、保護者が幼児を自転車に乗車させるときは、ヘルメットをかぶらせるよう努めなければならないことが、道路交通法により定められています。

皆様の体験談や工夫
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/experiences/index.php
お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをこちらまでお寄せください。 =>https://form.caa.go.jp/shohisha/opinion-0013.php

■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   あめ玉による窒息に注意!
子ども安全メール from 消費者庁
2011年6月20日
30代の女性より「あめ玉怖い!」

当時3歳だった我が娘。飲食店などでおまけを貰う事がよくありますが、その中の一つがあめ玉でした。
何の危機感も無くあめを舐めさせていた時、ちょっとした事で飲み込んでしまい・・・瞬間、苦しさの為か、娘はかがみこみました。
私は慌てて無我夢中で娘の背中を叩きました。必死でした。
幸い、娘は嘔吐と共にあめを吐き出しました。
泣きながら娘に謝り、抱き合いました。今思い出しただけでも身震いします。
という体験談をいただきました。

東京消防庁の調査によると、食べ物を喉に詰まらせた乳幼児(5歳以下)の救急事故の中では、あめ類による事故が最も多くなっています。
あめは窒息の危険性が高い食べ物です。
お子様に食べさせるときは十分注意し、必ず乳幼児の手の届かないところに保管しましょう。
万が一、あめが子どもの喉に詰まってしまったときは、119番通報するとともに、背部叩打法やハイムリック法で、詰まったあめを取り除くようにしてください。

○ 背部叩打法やハイムリック法
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/vol/20110616.php#ame

皆様の体験談や工夫
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/experiences/index.php

お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをこちらまでお寄せください。
=>http://www.caa.go.jp/m/mail/kodomo/mail/opinion-0012.php


■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   トマト・つるなしインゲンを植えました!
ナーサリールームベリーベアー用賀
2011年6月15日
ひまわり組で食育の一環として、トマトとつるなしインゲンの苗を植えました。
子どもたちは、毎日水をあげて「大きくなーれ」と愛情をたくさん注いでいます。

【ナーサリールームベリーベアー用賀】
東京都世田谷区用賀2-27-1 大東京ビル3階
TEL:03-6382-7300

   ベビーカーの指挟み込み事故の防止
子ども安全メール from 消費者庁
2011年6月13日
英国マクラーレン社のベビーカーのヒンジ部分(開閉の支点となっている部分)で、子どもが指を挟む事故が発生したため、同製品の輸入代理店であった野村貿易株式会社等の事業者は、平成21年11月から、同製品のヒンジ部分のカバーを無償配布しています。
しかしその後も、子どもが指を挟むなどの事故が発生したとの情報が6件、消費者庁へ寄せられています。
同製品をお持ちの方の中でカバーの無償配布を受けていない方は、輸入事業者又は購入された販売店に御連絡ください。
カバーを付けるまではベビーカーの開閉時に、お子様から目を離さず、指の挟み込みの危険がないことを十分確認した上で開閉を行ってください。

○ベビーカーのヒンジ部分(開閉の支点となっている部分)
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/img/0609.jpg
○対象製品
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/vol/20110609_1.php
○輸入事業者
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/vol/20110609_2.php

皆様の体験談や工夫
=>http://www.caa.go.jp/kodomo/experiences/index.php

お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをこちらまでお寄せください。
=>http://www.caa.go.jp/m/mail/kodomo/mail/opinion-0012.php


■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   用賀保育園に遊びに行きました!
ナーサリールームベリーベアー用賀
2011年6月6日
5月18日、ひまわり組7名で交流保育として用賀保育園に遊びに行きました。
はじめは緊張しながらもだんだん慣れて、それぞれ好きな遊びを見つけ楽しく過ごす事ができました。
転園したお友達とも再会できました!

【ナーサリールームベリーベアー用賀】
東京都世田谷区用賀2-27-1 大東京ビル3階
TEL:03-6382-7300

   子どもが食べるお肉は中までよく加熱して!
子ども安全メール from 消費者庁
2011年5月13日
富山県などの焼肉チェーン店で提供された生の牛肉を食べた人に腸管出血性大腸菌(O111、O157)による集団食中毒が発生し、お子様を含め4人の方が亡くなられました。
人がこの菌に感染すると、多くの場合、激しい腹痛、水様性の下痢などの症状が出ます。
特に子どもは、症状が重くなることがあります。

食中毒は、家庭の食事でも発生します。
腸管出血性大腸菌は熱に弱いため、75℃で1分間以上加熱することにより死滅します。
お子様が食べるお肉を調理する際は、中心部までよく加熱しましょう。

(参考)消費者庁ホームページ
=>食中毒に関する情報(都道府県・政令指定都市等及び府省庁)のリンク集について
http://www.caa.go.jp/information/links/index.html

お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをこちらまでお寄せください。
=>http://www.caa.go.jp/m/mail/kodomo/mail/opinion-0012.php


■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   腸管出血性大腸菌食中毒の予防について
from 厚生労働省
2011年5月6日
【腸管出血性大腸菌食中毒の予防について】

今般、富山県等で発生した腸管出血性大腸菌による食中毒事件において、飲食店で食肉を生食した小児等、3名が死亡し、多くの重症者が報告されています。
腸管出血性大腸菌の食中毒を予防するためには、生肉を使った肉料理を避けることや、肉の中心部まで十分に加熱することが重要です。
詳しくは、厚生労働省HP「腸管出血性大腸菌に関するQ&A」をご覧ください。

● 腸管出血性大腸菌に関するQ&A
● 生食用食肉に対する衛生基準
● 食中毒に関する情報

   ペットボトル入り飲料水(ミネラルウォーター類)の表示について
子ども安全メール from 消費者庁
2011年4月8日
消費者庁の昨年の調査で、子どもの火遊びによる火災の原因の半分以上がライターであることが分かりました。
また、5歳未満の子どもに死傷者が多く出ています。
今一度、家や車の中を点検し、普段使用するライターは子どもの手が届かないように管理してください。
不要なライターは捨てるようにしましょう。
なお、ライターを捨てる際は、お住まいの自治体のルールに従い、正しく廃棄しましょう。

※ 参考 ライターは正しく捨てましょう!
http://www.caa.go.jp/safety/pdf/101105kouhyou_1.pdf

■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   ライターの管理を再点検!
子ども安全メール from 消費者庁
2011年3月3日
消費者庁の昨年の調査で、子どもの火遊びによる火災の原因の半分以上がライターであることが分かりました。
また、5歳未満の子どもに死傷者が多く出ています。
今一度、家や車の中を点検し、普段使用するライターは子どもの手が届かないように管理してください。
不要なライターは捨てるようにしましょう。
なお、ライターを捨てる際は、お住まいの自治体のルールに従い、正しく廃棄しましょう。

※ 参考 ライターは正しく捨てましょう!
http://www.caa.go.jp/safety/pdf/101105kouhyou_1.pdf

■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

  
 
    うつぶせ寝にリスクあり!!
子ども安全メール from 消費者庁
2011年2月24日
  
 
自分の力で寝返りができなかったり、頭を持ち上げられなかったりする赤ちゃんがうつぶせ寝になった場合、柔らかい布団などに顔が埋まって鼻や口がふさがれ、窒息してしまうおそれがあります。
また、赤ちゃんをうつぶせに寝かせたときの方が、あおむけに寝かせたときに比べて「乳幼児突然死症候群(SIDS)※」の発症率が高いということが分かっています。
医師の指示がある場合を除き、赤ちゃんはあおむけに寝かせるようにしましょう。
また、赤ちゃんを寝かせるときは、固めの布団を使用し、周りにぬいぐるみなどを置かないようにしましょう。

※SIDSは、それまで元気だった赤ちゃんが事故や窒息ではなく、眠っている間に突然死亡してしまう病気です。
発症は年々減少傾向にありますが、平成21年には全国で157人の赤ちゃんがこの病気で亡くなっています。

過去の関連メール:
Vol.5 乳児用の寝返り防止用枕に窒息のリスク!米国で注意を呼び掛け
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/vol/20101014.php

■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト
 
  
 

   自転車用幼児座席、リコール製品があります
子ども安全メール from 消費者庁
2011年2月4日
ブリヂストンサイクル株式会社が販売した金属製の自転車用幼児座席を使用中に、足乗せ部の支柱が折れて子どもの足が車輪に巻き込まれる事故が重傷事故を含めて37件発生したため、同社は、昨年9月から金属製の12製品をリコール(樹脂製の幼児座席との無償交換)しています。
リコール対象製品をお持ちで、まだ無償交換を受けていない方は、以下の問い合わせ先に速やかに御連絡ください。
・ブリヂストンサイクル株式会社:0120-22-0355(9時〜19時) 2月末日までは土日祝日も含めて毎日。
詳細情報は、ブリヂストンサイクル社のホームページ(http://www.bscycle.co.jp/)に掲載されています。

※ リコール対象製品
製品名:自転車用後席幼児用座席(リヤチャイルドシート)
商品名:
1.NEWロイヤルチャイルドシート(RCSNRX.A)
2.ロイヤルチャイルドシートSTD(RCS-SRT)
3.NEWデラックスチャイルドシート(RCS-MH.A)
4.ロイヤルチャイルドシート(RCS-NAS)
5.ロイヤルチャイルドシート(RCS-SDX)
6.NEWロイヤルチャイルドシート(RCS-NRX)
7.デラックスチャイルドシート(RCS-MHBC)
8.デラックスチャイルドシート(RCS-MHB)
9.リヤ子供乗せ(RCS-MSG)
10.リヤ子供乗せ(KNR-69SG)
11.子ざぶとん専用チャイルドシート(RCS-K)
12.リヤチャイルドシート(ヤマハ発動機ブランド)(Q5K-YSK-051)

■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   鶏の肉や卵は安全
子ども安全メール from 消費者庁
2011年1月27日
宮崎県、鹿児島県及び愛知県の養鶏場の鶏から鳥インフルエンザウイルスが検出され、鳥の処分などの対策が取られています。
鳥インフルエンザに感染した鶏の肉や卵が市場に出回ることはなく、また、感染した鶏の肉や卵を食べたことで、これまでに人が鳥インフルエンザに感染した例は報告されていません。
鳥インフルエンザウイルスは通常の加熱調理(70度以上)で簡単に死滅しますので、加熱すれば、さらに安全です。
ただし、野鳥の死がいや糞にはウイルスが残っている場合もありますので、お子様に触らせないよう注意してください。
また、日頃より、外から帰ったら手洗い、うがいをするようにしましょう。

※「鳥インフルエンザに関する情報について」
http://www.caa.go.jp/adjustments/index_a.html

■消費者庁サイトはこちら
http://www.caa.go.jp/
■過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト

   過去のトピックス

バックナンバー2011  バックナンバー2010  バックナンバー2009  バックナンバー2008



ナーサリールームベリーベアー八雲 ©2004-2015 NESS Corporation All rights reserved.