保育施設・ベビーシッターのご依頼はネス・コーポレーションへ

RECRUIT

主体性保育

20年後、大人になった子ども達が自分らしい姿でのびのびと強く生きていけるように、
子ども達一人ひとりが生まれ持った個性を大切にし、自主性を育む主体性保育を実践しています。

取り組み

  • 「音」を通した保育

    聖心女子大学の教授による、「音」を通した保育カリキュラムの共同研究を行っています。
    子どもの感受性を第一に、自然と全身で「音」を楽しめる教育を共に作ります。
    音楽とは、音の気づきを楽しみながら育つもの。
    ピアノやピアニカはなくても、音や音楽を楽しみ、子ども達と共有する心があれば、学びを広げるきっかけは、身近なところにあるのです。

  • 芸術的教育

    レッジョ・エミリア・アプローチのような芸術的教育を行っています。
    子ども達が自ら考え、やりたいことを決めます。 保育士は指示を出すのではなく、その話し合いに対等に参加します。園にある様々な教材・素材の他に、廃材やご家庭から持ってきていただいた牛乳パックなどを活用し、制作に取り組みます。そして、活動の様子や作品は、壁面に誰もが目にすることができる場所に掲示する取り組みです。

  • 専任講師によるカリキュラム

    地域の特性に合わせ、外部の専任講師による、茶道やサッカー、絵画制作などの豊富なメニューから、各園が自ら選択して実施。プロによる本物の学びは、子どもの可能性を大いに広げるとともに、保育士も言葉がけや指導方法のヒントをもらう機会になります。

  • 食 育

    子ども達が楽しく、おいしく食事ができるよう、食育に力を入れています。
    園内の調理室で手作りの給食、おやつを提供しています。
     [食育活動]
     ・ 紙芝居、絵本、エプロンシアターを使用して、体のつくりや食に関する関心を高めていきます。
      ・ 栽培活動や収穫体験を行い、いのちの大切さや食べ物に対する感謝の心を育てます。
      ・ 年齢別年間食育計画を作成し、食にかかわる伝統行事、バイキング給食、クッキング保育を行います。
      ・ 幼児クラスは給食当番や乳児クラスのお手伝いを通して、配膳の仕方や清潔への配慮を身につけます。

保育方針

・子どもの思いをあたたかく受け止め、心の安定と信頼関係を深めながら、ていねいに関わり、健やかな心身と豊かな人間性、社会性を持った子どもを育てる

・十分に養護のゆきとどいた、安心してのびのび遊べるあたたかい環境の中で、子どもが主体的に取り組めるように援助しながら、将来をたくましく生き抜くバランスの取れた心と体づくりをする

保育目標

  • 心身ともに健康な子ども
  • すすんで活動する子ども
  • 思いやりのある子ども
  • 感情豊かな子ども