保育施設・ベビーシッターのご依頼はネス・コーポレーションへ

RECRUIT

職員インタビュー

[保育士]インタビュー

2014年入社 1歳児クラス担任 2017年入社

『めりはり』が大事

園見学に行った際、働いている保育士の方からお話しを聞くことができ安心しました。園長はじめ、職員の皆さんが温かく接してくれます。普段保育で気をつけていることは『めりはり』をつけること。子どもたちが可愛い分、少し甘やかしすぎてしまったり、逆に怒りすぎてしまったりしがちなので、注意するときはしっかり注意し、その他は子どもたちが楽しめるよう寄り添ったり、盛り上げたりできるよう心掛けています。

2014年入社 2歳児クラス担任 2017年入社

職員同士での『協力』がしやすい!

東京都内に多く園があり、給与が高いです。活気があり、職場見学の時に楽しく過ごせたことが印象に残りました。制服のエプロンも可愛いです。子どものプラスな面を認め、出来るだけ手伝わず自分でできるよう声がけをしています。自分でしようとする気持ちを大切にし、話し合いをする時間を作るなど、子どもたちの考えを取り入れて出来るだけ子どものしたいことが出来るような環境作りを心がけています。

2012年入社 0歳児クラス担任 2017年入社

系列園の先生方との交流で『保育観の共有』

男性保育士の魅力は、重い荷物を運ぶ等力仕事の他にも、外遊びでは幼児クラスで鬼ごっこやかけっこ、ボールあそび等全力で関わって楽しく盛り上げることができるところです。全力で一緒に過ごすことで子どもたちも喜んでくれることも多いです。月に1度社内研修があり、社内の他の園の先生たちと交流することで、保育観の共有や横の繋がりを広げることもでき、とても満足しています。

2014年入社 2歳児クラス担任 2017年入社

社宅は『快適』

中途採用で入社し、社宅制度を利用しています。都会で暮らすのは初めてなので、車のない生活・満員電車にはなかなか慣れませんでしたが、社宅は駅から近く、生活をする上で不便はなく今はとても快適です。 子どもたちが毎日楽しく安全に過ごせるように心がけています。子どもひとりひとりの成長を見守り、寄り添いながら、自分自身も成長していけるよう頑張りたいと思っています。

2012年入社 0歳児クラス担任 2017年入社

職場の『人間関係が良い』

べリーベアーに決めた理由は、保育方針が自分の保育観に合っていると感じたから。上京を希望していたので、社宅制度があることも大きな決め手でした。頼りになる先輩やなんでも相談できる同期と、和気あいあいとした雰囲気の中で楽しく働いています。ベリーベアーの好きなところは、職場の人間関係が良いところ。頼りになる先輩方や何でも相談できる同期と和気あいあいとした雰囲気の中で楽しく働いています。

2017年入社 2017年入社

少人数担当制で『丁寧な保育』

少人数担当制なので一人ひとりとじっくり向き合うことができます。また、家庭的で温かい雰囲気なので、相談もしやすいです。園長先生はよく「大丈夫?」と気にかけてくださり、相談をしたときには親身になって、私の話を最後まで聞いて下さり、具体的な解決策を一緒に考えてくれます。職員に対しても真摯に向き合って下さる優しい方です。初めての遅番で不安に思っていると一緒に鍵を閉めに行って下さり、不安な気持ちを受け止めてくださいました。

[調理]インタビュー

2017年入社 2014年入社

『同じもの』を一緒に食べる

全園、食育に力を入れているので、そこが魅力で入社を決めました。食育は、保育士の先生と相談しながら行います。お弁当箱給食やバイキングなど、いつもと違う食べ方をすることで、普段あまり食べない子も楽しんで食べてくれています。毎月作る誕生日ケーキは、アレルギーの子ども達も同じものを食べれるように、卵・牛乳使わずに作っています。みんな同じものを食べたいですよね。仕事のやりがいは、子ども達が自分が作った給食をおいしく食べてくれるのを間近で確認できるところです。

2017年入社 2015年入社

『調理の先生』になれてよかった

子ども達が、自分を調理の先生だとわかってくれているので、食事の後廊下などで会うと駆け寄って来てくれ「おいしかったよ」「全部食べたよ」「嫌いな野菜食べれたんだよ」など言ってくれるので、とても嬉しく、保育園で働いてよかったなと思います。食育の一環で、食材がどう園に届いて調理されて子ども達に提供されるかの流れなど様々な事を子ども達に伝えています。子ども達にお話ししても、なかなか理解してもらえないこともありますが、その時は保育士の先生が子ども達にわかりやすい言葉にして伝えてくれるので助かっています。普段保育士の先生からは、子ども達のキライな食材など聞いたり、コミュニケーションを取るようにしています。

[看護師]インタビュー

看護師 2014年入社

『子ども達のその先』に関わりたくて

病院の産婦人科、小児科、新生児集中治療室の看護師として経験を積んできました。子ども達が元気になり病院を後にする姿を見送るたびに、子ども達のその先に関わりたいという気持ちが強くなってきました。そして保育園の看護師として働くことを決めました。主な業務は、主任看護師として、アレルギー対応、健康管理(子どもと職員)や衛生管理(消毒・プール・嘔吐処理等)、マニュアルの作成、健康診断・身体測定の対応、保健便りの作成、嘱託医との連携です。もちろん保育に入ることもあり、子ども達とお散歩に行ったり、保育室で遊んだりする機会もあります。月1回行われる看護師会議では、看護師が集まって情報共有できます。病院とは違ったやりがいがあり、毎日充実しています。

[園長]インタビュー

園長 2013年入社

『何でも話し合える』存在であるように

仕事のやりがいは、園児の成長を日々感じ喜び合えることはもちろん、全職員が協力し合い、団結して一つの大きな行事を乗り越えた時の達成感を味わえることです。ベリーベアーの好きなところは、保育環境が十分に整っているところと、人と人との関わりを大切にし、個性を認め、働きやすい環境であるところです。

園長インタビュー 2015年入社

子ども達の『出会いのチャンス』

園では様々なカリキュラムを取り入れています。達成や上達ではなく、様々な体験をさせること自体が目的です。子ども達が「これおもしろいな」「これ好きだな」と思えるものに出会うチャンスになればと思っています。保育士にとっても、保育以外の分野の専門家に直接学べるチャンスとなり「保育の幅が広がる」と喜ばれています。

[内定者]インタビュー

2019年新卒・内定者のお声

  • 系列保育園でアルバイトを経験し先生方が和やかに笑顔でとても良い雰囲気の職場であると実感しました。保育士が働きやすい環境を大切にしている会社だと思います。
    (大阪出身・Nさん・2018.4月内定)