人気のレシピ集

本部・各園栄養士がご家庭でも簡単に作れる子どもたちに人気の料理レシピをご紹介します。

2017年度

   貝柱と人参のさっぱり和え 2018/03

紹介

貝柱と人参のさっぱり和え

貝柱のうまみがきいているさっぱりとしたあえ物です。


材料

  *分量1人分

ほたて貝柱水煮缶 8g   人参 10g   キャベツ 20g
きゅうり 10g   糸こんにゃく 5g   食塩 0.3g
上白糖 0.8g   米酢 1.2g  

作り方

1、わかさぎを塩水でサッと洗い、水を切っておく。
2、さつま芋、にんじん、たまねぎは細切り、れんこんは薄いいちょう切り、しそは千切りに切ったものと1を合わせて、薄力粉(1)にまぶす。
3、薄力粉(2)と食塩、水を混ぜ合わせたものを2にまとわせ揚げる。
4、中〜高温の油で5〜6分キツネ色になるまで揚げて出来上がり。


   竹輪のわくわくフライ 2018/03

紹介

竹輪のわくわくフライ

竹輪の中にじゃが芋など具材が入り食べ応えのある一品です。


材料

  *分量1人分

ちくわ・焼き 15g   たまねぎ 10g   じゃがいも 15g
ツナ缶・ノンオイル・無塩 15g   食塩 0.1g   薄力粉 3g
パン粉 5g   サラダ油 3g  

作り方

1、たまねぎはみじん切りにして炒める、じゃが芋は茹でて潰しておく。
2、炒めたたまねぎとツナ缶・塩を潰したじゃが芋に入れ混ぜる。
3、ちくわを切り込みを縦に入れる。(全部切らないように気を付ける)
4、ちくわにじゃが芋の具を詰める。
5、薄力粉と水を溶きちくわにつける。パン粉を付ける。
6、熱した油で揚げる。ほとんど火が通っているので衣が揚がっていれば出来上がり。


   さつま芋とココアのマフィン 2018/03

紹介

さつま芋とココアのマフィン

コロコロのさつま芋が入ったココアのマフィンです。素朴なおいしさが人気です。


材料

*分量1人分              
さつま芋 15g   薄力粉 14g   片栗粉 1.3g
ベーキングパウダー 0.6g   食塩 0.1g   上白糖 7g
牛乳 5g   無塩バター 3g   ピュアココア: 1.5g

作り方

1、さつま芋は1cm角のコロコロに切っておく。
2、薄力粉、片栗粉、ベーキングパウダー、ココアを合わせてふるう。
3、無塩バターを常温で柔らかくしておき、上白糖と食塩を入れてクリーム状になるまで混ぜる。
4、3に牛乳を少しずつ加えていき、混ざったらさつま芋を入れて軽く混ぜ、ふるった粉を加えて混ぜる。
5、生地が出来たらカップに半分くらいまで流し、180℃に予熱したオーブンで20分焼く。
6、焼けたらオーブンから出し、粗熱がとれたらカップから外して完成。


   わかさぎと冬野菜の天ぷら 2018/03

紹介

わかさぎと冬野菜の天ぷら

わかさぎ丸ごと、カルシウムで骨元気!冬野菜もたくさん摂れます。


材料

*分量1人分              
わかさぎ(小さめのもの) 20g   さつま芋 20g   たまねぎ 8g
れんこん 8g   にんじん 8g   しそ 2g
薄力粉(1) 3g   薄力粉(2) 12g   食塩 0.1g
12g            

作り方

1、わかさぎを塩水でサッと洗い、水を切っておく。
2、さつま芋、にんじん、たまねぎは細切り、れんこんは薄いいちょう切り、しそは千切りに切ったものと1を合わせて、薄力粉(1)にまぶす。
3、薄力粉(2)と食塩、水を混ぜ合わせたものを2にまとわせ揚げる。
4、中〜高温の油で5〜6分キツネ色になるまで揚げて出来上がり。


   プチパン 2018/03

紹介

プチパン

外はカリッとしていて中はふわっとしていて子供たちにも人気のおやつです


材料

*分量1人分              
フランスパン 25   15   牛乳 15
上白糖 3   プロセスチーズ 7      

作り方

1、フランスパンを1cm角のコロコロに切る。
2、卵・牛乳・上白糖・小さく切ったチーズを混ぜ合わせる。
3、2の液体に切ったフランスパンをつけて丸める。
4、200℃に熱したオーブンで6分焼いて完成。


   ちらし寿司 2018/03

紹介

ちらし寿司

ひなまつりの定番メニューのちらし寿司を色鮮やかに作りました


材料

40   米酢 3   上白糖 2
食塩 0.1   いりごま 1   にんじん 5
れんこん 6   しいたけ 3   しょうゆ 0.5g
本みりん 0.3   上白糖 0.2   15
食塩 0.1   サラダ油 0.5   さやえんどう 3
15   食塩 0.1   焼きのり 0.3

作り方

1、炊きあがったご飯をあつあつの状態で合わせ酢(米酢・上白糖・食塩)といりごまを加え、うちわ等で扇ぎながら切るように混ぜる。
2、にんじん・れんこん・しいたけを食べやすいサイズに切り、しょうゆ・本みりん・上白糖を加えて煮る。
3、2の具材を煮汁から上げ、1の酢飯に混ぜる。
4、卵は食塩で味を整えて焼き、錦糸卵を作る。
5、さやえんどうは茹でて細く切る。
6、鮭に塩を振って焼き、ほぐす。
7、酢飯の上に卵・さやえんどう、鮭、焼のりを彩りよくかざりつけたら完成。


   マーラーカオ 2018/02

紹介

マーラーカオ

中国風の蒸しカステラを保育園風にアレンジしました。


材料

  *分量1人分

米粉 10g   ベーキングパウダー 0.5g   かぼちゃ 10g
豆乳 15g   上白糖 2g   サラダ油 2g
干しぶどう 5g  

作り方

1、かぼちゃは種を取り、茹でてつぶし、ペースト状にする。
2、ボウルにサラダ油、上白糖を入れ混ぜ、豆乳を加えさらに良く混ぜる。
3、2に米粉、ベーキングパウダーをふるい入れ、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。ペースト状にしたかぼちゃを加え混ぜる。
4、カップに3の生地を流しいれ、干しぶどうを飾り、蒸し器で10分ほど蒸し、完成。


   昆布チャンプルー 2018/02

紹介

昆布チャンプルー

素材を生かしたさっぱりメニューです。


材料

  *分量1人分

刻みこんぶ(生) 5g   木綿豆腐 30g   豚肩ロース肉 20g
上白糖 1g   合成清酒 1g   ごま油 1g
しょうゆ 1.5g   食塩 0.1g   25g  
サラダ油 0.5g   チンゲンサイ 20g  

作り方

1、刻みこんぶは2センチの長さに、木綿豆腐は1センチ角に切り、それぞれ茹でる。チンゲンサイを小さくざく切りにし、下茹でする。
2、豚肉を食べやすい大きさに切り、上白糖、合成清酒、しょうゆ、ごま油で下味をつける。
3、卵を溶きほぐし、食塩を入れ、サラダ油をひいたフライパンで炒める。
4、2を別のフライパンで炒め、火が通ったら茹でておいた刻みこんぶ、木綿豆腐、チンゲンサイを加えていためる。
5、4に3のたまごを加え、炒め合わせて完成。


   ビーンズポテト 2018/02

紹介

ビーンズポテト

ジャガイモと小豆がホクホクと美味しい料理です


材料

*分量1人分              
じゃがいも 50   水豆水煮 10   片栗粉 9
青のり 0.2   0.2   サラダ油 3

作り方

1、じゃがいもを大き目のいちょう切りにする。
2、大豆水煮はさっと水洗いする。
3、じゃがいも、大豆にそれぞれ片栗粉をまぶし、別々に油で揚げる。
4、塩、青のりをまぶして完成。


   豚肉の炒め物 2018/01

紹介

豚肉の炒め物

スタミナが付き、花巻にはさんで食べるとよりおいしくいただけます。


材料

  *分量1人分

豚もも肉 15g   ピーマン 3g   にんじん 5g
とりがらだし(顆粒) 0.1g   砂糖 0.2g   しょうゆ 0.2
サラダ油 0.5g  

作り方

1、豚肉は2cm幅、ピーマンとにんじんは3cmの長さの千切りに切る。
2、豚肉を炒め、火が通ったらピーマンとにんじんを加えてさらに炒める。
3、調味料を入れ、さっと炒めたら出来上がり。


   花巻 2018/01

紹介

花巻

花が咲いたような可愛らしい見た目の蒸しパンです。


材料

  *分量1人分

小麦粉 25g   ベーキングパウダー 0.8g   11g
サラダ油 2.3g   0.1g   砂糖 1.5g
ごま油 0.3g  

作り方

1、蒸し器の準備をしておく。
2、水、サラダ油、塩、砂糖をしっかりと混ぜ合わせる。
3、1に小麦粉、ベーキングパウダーをふるい入れる。
4、粘り気がなくなり生地がひとまとまりになるまで手でよくこねる。
5、綿棒で7mm程度の厚さに伸ばし、表面にごま油を薄く塗る。
6、ロールケーキのようにくるくると巻く。
7、巻けた生地を5cm幅に切り、切ったものの中心を菜箸のような細いもので生地の断面と平行になるようにしっかりと押し込む。
8、用意していた蒸し器で10分程度蒸し、中心まで火が通っていたら出来上がり。


   カレー風味サラダ 2018/01

紹介

カレー風味サラダ

カレーの黄色が映え、香りも楽しめる一品です。


材料

  *分量1人分

キャベツ 25g   ブロッコリー 8g   にんじん 8g
コンソメ 0.3g   0.1g   カレー粉 0.1g
上白糖 0.8g  

作り方

1、キャベツは2cm幅の色紙切り、ブロッコリーは小さめの房に切り、にんじんは2cm程度の乱切りにする。
2、お湯に調味料を入れ、野菜に火が通るまで茹でる。
3、ザルにあけ水気をしっかりと切り、冷蔵庫で冷やせば出来上がり。


   鶏肉のオーロラソース和え 2017/12

紹介

鶏肉のオーロラソース和え

子どもの好きなトマトケチャップとマヨネーズを使っているので食べやすいです。


材料

  *分量1人分

鶏もも肉 40g   0.1g   薄力粉 3g
サラダ油 1g   トマトケチャップ 4g   マヨネーズ 2g
砂糖 0.5g   パセリ 0.1g  

作り方

1、トマトケチャップ・マヨネーズ・砂糖をボールに入れて混ぜ合わせソースを作ります。
2、鶏もも肉に塩をふり、薄力粉をつけて油をひいたフライパンで焼きます。
3、焼いた鶏もも肉に1のソースを和えパセリをかけて出来上がりです。


   ぽっぽ焼き 2017/12

紹介

ぽっぽ焼き

新潟県の郷土料理で細長いパンのようなお菓子です。


材料

  *分量1人分

薄力粉 25g   黒砂糖 15g   ベーキングパウダー 1g

作り方

1、黒砂糖を溶かし冷ましておきます。
2、薄力粉とベーキングパウダーを混ぜ、そこへ?を加えてよく混ぜます。
3、フライパンで両面焼いて細長い棒状に切って出来上がりです。


   りんごのクッキー 2017/11

紹介

りんごのクッキー

ふわっとしたやさしいリンゴ味のクッキーです。


材料

  *分量1人分

薄力粉 20g   ベーキングパウダー 0.5g   砂糖 6g
バター 6g   りんご 20g

作り方

1、粉類はふるっておく。
2、りんごはすりおろす、またはミキサーにかける。
3、常温に戻したバターと砂糖を混ぜる。
4、3に小麦粉、ベーキングパウダー、りんご(果汁も)を入れ、生地をひとまとめにする。
5、型で抜き、170度のオーブンで15分焼く。


   そぼろ丼 2017/11

紹介

そぼろ丼

彩りのきれいな三色丼です。


材料

  *分量1人分

50g   30g   食塩 0.1g  
20g   砂糖 1g   サラダ油  1g   
さやいんげん 10g   

作り方

1、鮭は塩をふり、焼く。粗熱が取れたらほぐしておく。
2、卵に砂糖を入れて混ぜ、フライパンに油をしいて炒り卵を作る。
3、さやいんげんは茹でて小口切りにする。
4、器にごはんを盛り、?から?をのせる。


   鮭のカレー豆乳クリーム煮 2017/10

紹介

鮭のカレー豆乳クリーム煮

旬の鮭とクリーミーなカレーで食べやすいです。


材料

  *分量1人分

40g   エリンギ 15g   たまねぎ 15g
ブロックリー 20g   サラダ油 3.0g   米粉 3g
豆乳 30g   食塩 0.3g   コンソメ 0.3g
カレー粉 0.2g   しょうゆ 0.2g      

作り方

1、エリンギは短冊切り、たまねぎは薄切り、ブロッコリーは一口大に切る。
2、鮭は焼き、エリンギとたまねぎは炒め、ブロッコリーは茹でておく。
3、サラダ油に米粉を弱火にかけながら少しずつ溶かす。
4、米粉が溶けたら豆乳を加える。
5、4がなじんだらエリンギ、たまねぎ、ブロッコリーを加えて食塩、コンソメ、カレー粉、しょうゆで味付けをする。
6、焼いた鮭の上にカレー豆乳クリームをかけたら出来上がり。


   二色おはぎ 2017/09

紹介

二色おはぎ

お彼岸に合わせてきなことあんこ、2種類のおはぎを提供しました。
簡単に作る事ができるので、お子様とご一緒に作ってみてはいかがでしょうか。


材料

  *分量1人分

35g   きなこ 5g   上白糖 2g
食塩 0.1g   つぶしあん 8g

作り方

1、お米を炊き、少しつぶしてから俵型にします。これを2つ作ります。
2、きなこ、上白糖、食塩を混ぜて俵型にしたごはんにまぶします。
3、もうひとつのごはんを、つぶしあんで包んだら出来上がりです。


   鮭のゴマ香味焼き 2017/09

紹介

鮭のゴマ香味焼き

旬の鮭をゴマ・香味野菜と一緒に焼き上げた、香ばしい一品です。
野菜の種類を変えると、様々な味が楽しめます。
また、鮭を他のお魚やお肉に変えても美味しく仕上がります。


材料

  *分量1人分

40g   万能ねぎ 5g   しそ 1g
いりごま 1g   合成清酒 1g   上白糖 1g
しょうゆ 1.5g   ごま油 0.5g

作り方

1、鮭を食べやすい大きさに切ります。
2、万能ねぎとしそをみじん切りにします。
3、全ての調味料・野菜・いりごまを混ぜ合わせます。
4、鮭の上に?を乗せてオーブンで焼いたら出来上がりです。


   おからバナナもち 2017/09

紹介

おからバナナもち

手づかみで食べやすいおやつです。


材料

  *分量1人分

バナナ 50g   おから 20g   片栗粉 9g
バター 2g  

作り方

1、バナナは皮をむいてボウルに入れ、フォークやマッシャーでなめらかになるまでつぶす
2、1に片栗粉とおからを入れてよく混ぜる
3、フライパンにバターを入れて熱し、2を丸い形にして弱火で焼く
4、両面に焼き色がついたら出来上がり


   大豆と鶏肉の小判揚げ 2017/09

紹介

大豆と鶏肉の小判揚げ

畑の肉といわれる大豆、大豆から作られる豆腐を使った一品です。
大豆たんぱく質は、生命の維持に不可欠な必須アミノ酸がバランスよく含まれる良質なたんぱく質です
冷めても固くならない優れものです。
ご家庭でも是非どうぞ。


材料

  *分量1人分

だいず(水煮缶) 15g   とりひき肉 30g   木綿豆腐 10g
長ねぎ 5g   片栗粉 2g   しょうが 0.1g
食塩 0.1g   合成清酒 1g   しょうゆ 2g
サラダ油 3g  

作り方

1、木綿豆腐は水切りする
2、長ねぎはみじん切りにする
3、片栗粉、しょうが、食塩、合成清酒、しょうゆを合わせる
4、だいず(水煮缶)、とりひき肉、1、2、3を混ぜ合わせ、小判型に形を整える
5、鍋に油を熱し、170℃〜180℃で揚げる


   ずんだロール 2017/08

紹介

ずんだロール

こどもたちにも大人気の枝豆を使ったおやつです。


材料

  *分量1人分

薄力粉 16g   ベーキングパウダー 0.4g    砂糖 1.4g
0.1g   サラダ油 4g   豆乳 8g
米酢 0.4g   枝豆 8g   砂糖 1g
0.1g  

作り方

1、豆乳とサラダ油をよく混ぜ合わせる。
2、1に米酢を入れ、混ぜる。
3、薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を合わせてふるい、2を混ぜる。
4、枝豆をゆで、砂糖、塩と一緒にフードプロセッサーにかける。
5、3の生地に打ち粉をし、めん棒で長方形、厚さ1cmにのばす。
6、表面に4をぬる。
7、手前からくるくるまく。
8、適当なサイズにカットする。
9、うずまきが上になるように天板にのせ、180℃のオーブンで15〜20分焼いたら出来上がり


   夏野菜のカラフル寿司 2017/08

紹介

夏野菜のカラフル寿司

きゅうりの食感が楽しい、夏にぴったりなさわやかなお寿司です。


材料

  *分量1人分

45g   昆布(だし用) 0.5g   米酢 4g
砂糖 1g   0.2g   30g
塩(鮭用) 0.1g   きゅうり 10g   パプリカ 8g
コーン缶 5g   しそ 0.5g   いりごま 0.5g
きざみのり 0.5g  

作り方

1、米をとぎ、昆布と一緒に炊く。
2、鮭は流水で洗い、塩をまぶし、焼く。焼けたらほぐす。
3、きゅうりはいちょう切り、パプリカは1cm辺、しそはみじん切りにし、ゆでる。
4、コーン缶もさっと湯通しする。
5、米酢、砂糖、塩で合わせ酢をつくる。
6、ごはんが炊けたら、昆布をとりだし、5をまぜ酢飯をつくる。
7、6に2,3,4をまぜ、上にいりごま、きざみのりをかけたら出来上がり。


   オクラサラダ 2017/08

紹介

オクラサラダ

夏にピッタリ。食物繊維豊富なサラダです。


材料

  *分量1人分

オクラ 25g   キャベツ 20g   カットわかめ 0.5g  
人参 20g   醤油 1g   上白糖  0.5g   
かつお節 1g   

作り方

1.オクラは別に茹でてから切る。
2.キャベツと人参を千切りし、わかめは食べやすい大きさに刻んでおく。
3.切った野菜を軟らかくなるまで茹でる。茹で終わったらざるにあけ水にさらしておく。
4.野菜の水気をよく絞り、ボウルで調味料と和える。
5.味が整ったらかつお節を和えて完成。


   枝豆スコーン 2017/08

紹介

枝豆スコーン

枝豆を甘くおいしく食べられるおやつのメニューです。


材料

  *分量1人分

薄力粉 20g   ベーキングパウダー 0.9g   バター 5g  
3g   牛乳 9g   上白糖 5g  
枝豆 10g  

作り方

 

1.はじめに、枝豆を茹でて皮をむいておきます。
2.次にボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、上白糖を入れてすべて一緒にふるいます。
3.粉類をふるったらバターを加え、バターを切る様に細かくしていきます。
4.更に牛乳を加えなじませていきます。
5.生地がまとまってきたら形を形成していきます。
6.天板にオーブンシートを敷き、形成した生地を並べていきます。
7.170度に予熱したオーブンで25分ほど焼いたら完成です。


   枝豆豆乳ゼリー 2017/08

紹介

枝豆豆乳ゼリー

旬の枝豆を使った風味豊かなデザートです。


材料

  *分量1人分

枝豆 20g   豆乳 20g   上白糖 4g  
10g   寒天 0.4g  

作り方

1. 枝豆を茹でてから、なめらかになるまでフードプロセッサーにかける。
2. 鍋に水と寒天を入れて火にかける。
3. 沸騰したら砂糖を加えてよく煮溶かす。
4. 常温に戻しておいた豆乳を少しずつ加える。
5. 枝豆を鍋に入れる。
6. 火を止め、容器に流し入れて粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固めて完成。


   七夕そうめん 2017/07

紹介

七夕そうめん

七夕の行事食として季節にぴったりなそうめんのメニューです。


材料

  *分量1人分

干しそうめん 45g   15g   サラダ油 0.5g  
オクラ 15g   にんじん 10g   ハム 10g  
ミニトマト 5g   しょうゆ  2.5g    みりん  2.5g   
かつお昆布だし 80g   

作り方

1.はじめに出汁をとり、しょうゆ・みりんを加えてめんつゆを作り、冷ましておきます。
2.卵はサラダ油でいためて炒り卵にします。錦糸卵でもよいです。
3.オクラは5mm位の厚さにスライスし、下茹でをして水気を切ります。
4.にんじんは星形の型抜きでぬいたあと下茹でをします。
5.ハムは細めの短冊切りにし、下茹でをします。
6.ミニトマトはくし形に切ります。
7・干しそうめんを茹で、水気を切ってお皿に盛り付け、上から具材を順番に盛り付けていき最後に冷ましておいためんつゆをかけて完成です。


   黒糖もち 2017/06

紹介

黒糖もち

黒糖でコクのある甘味がでます


材料

  *分量1人分

50g   黒糖 2g   片栗粉  6g  
砂糖  4g   きなこ  5g  

作り方

1. 水、黒糖、片栗粉を混ぜて、火にかける。
2. 水分が飛んでもち状になったら、バットに流し入れ、平らにならす。
3. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。
4. 砂糖ときなこを混ぜておく。
5. 固まったら適度な大きさに切り分け、4をまぶして出来上がり。


   鮭のゴマ味噌焼き 2017/06

紹介

鮭のゴマ味噌焼き

オーブンで油を使わない焼き鮭です。


材料

  *分量1人分

40g   生姜 0.5g   味噌 4g
本みりん 4g   料理酒 1g   砂糖 1g
白いりごま 1g   ミニトマト 5g  

作り方

1. 生姜、味噌、みりん、料理酒、砂糖を混ぜ合わせる。
2. 鮭を1に漬けておく。
3. オーブンを予熱し、鮭にごまをまぶしておく。
4. オーブン180℃で15分焼いて、ミニトマトを添えて出来上がり。


   イチゴのカップケーキ 2017/06

紹介

イチゴのカップケーキ

色がきれいなカップケーキです。フライパンで焼くことも出来ます。
乳製品、卵を使っていないのでアレルギーのあるお子様でも食べられます


材料

  *分量1人分

上新粉 20g   片栗粉 7g   ベーキングパウダー  2g  
サラダ油  6g   豆乳  30g   イチゴジャム  10g  
砂糖  6g              

作り方

1. ボールに油を入れ、そこに少しずつ豆乳を入れて混ぜて乳化させる。
2. 1に砂糖とイチゴジャムを入れてよく混ぜる。
3. 上新粉、ベーキングパウダー、片栗粉を入れて再びよく混ぜ、アルミカップなどに入れる。
4. オーブンを170℃に予熱し、15分焼いて出来上がり


   和風チョップドサラダ 2017/06

紹介

和風チョップドサラダ

彩り豊かな初夏にぴったりのサラダです。


材料

  *分量1人分

かつお節1g  

グリーンアスパラガス 15g   大根 15g   人参 10g  
金時豆(煮豆)  15g   焼き豆腐  12g   青のり 0.3g   
砂糖  0.7g   醤油  0.7g   かつお節 1g   
梅干し 0.3g   

作り方

1. アスパラ、大根、人参は皮をむいて粗みじん切りにし柔らかくなるまで茹でる。
2. 金時豆は半分にして軽く茹で、焼き豆腐はほかの材料に合わせた大きさのコロコロに切り湯通ししておく。
3. 梅干しは種を抜きみじん切りする。
4. 青のりから梅干しまでの調味料を混ぜておく。
5. 1と2で下処理した野菜などをボールに合わせ4を味見しながら混ぜ合わせたら出来上がり。


   コーンフレークフィッシュ 2017/05

紹介

コーンフレークフィッシュ

コーンフレークが香ばしく子どもたちにも人気のメニューです
コーンフレークは甘くない玄米フレーク等を使用します
かじきまぐろを鶏肉にしてもおいしいです


材料

  *分量1人分

かじきまぐろ 40g   0.8g   しょうゆ 0.8g
マヨドレ 1.5g   粉チーズ 1g   コーンフレーク 3g
パン粉 2g  

作り方

1. かじきまぐろは食べやすい大きさに切る
2. 1.に酢としょうゆで下味をつける
3. マヨドレと粉チーズを混ぜ合わせ?の表面につける
4. コーンフレークは細かく砕いてパン粉と混ぜ2.の上にかけてオーブン等で焼く


   切干大根のマヨ和え 2017/05

紹介

切干大根のマヨ和え

乾物の切干大根を使った一品です
干すことで旨味成分は凝縮し、食物繊維の他にもカルシウムやビタミンB1、B2などいろいろな栄養素を含んでいます
合わせる野菜は人参、もやし、さやいんげんなどお好みのものでOK
ご家庭でも是非どうぞ


材料

  *分量1人分

切干大根 5g   きゅうり 15g   パプリカ 5g
コーン缶 10g   いりごま 2g   ハム 15g
マヨドレ 3g  

作り方

1. 切干大根は水で戻し、よく揉み洗いをして水気を切り3cm位の長さに切って軟らかく茹でる
2. きゅうりは1分茹でて千切りにする
3. パプリカとハムは千切りにして茹で、コーンはさっと湯通しする
4. 1.2.3.の水気を絞りマヨドレといりごまで和える


   菜の花ご飯 2017/04

紹介

菜の花ご飯

見た目にも春らしく可愛らしいごはんです。


材料

  *分量1人分

ごはん 80.0g   小松菜 12.0g    サラダ油  1.0g  
 白いりごま  0.8g  

<A>

しょうゆ 0.3g   かつお・昆布だし汁 30.0g      

<B>

上白糖 0.4g   食塩 0.1g      

作り方

1. あらかじめご飯を炊いておきます。
2. Aを火にかけ沸騰したら小松菜を加え、火が通ったらザルにあけておきます。
3. Bをボウルで混ぜておき、フライパンにサラダ油を入れて熱し、炒り卵を作ります。
4. ごはんに白いりごまと2の小松菜を加えて具材が均等に広がるように混ぜ、器に盛り、最後に上から炒り卵をかければ出来上がり。


   高野豆腐の三つ葉あん 2017/04

紹介

高野豆腐の三つ葉あん

みつばがアクセントとなり涼やかなおかずです。


材料

  *分量1人分

<A>

高野豆腐 10.0g   とりひき肉 25.0g   にんじん 8.0g
干ししいたけ 0.2g   黒きくらげ 0.2g   片栗粉 2.0g

<B>

かつお・昆布だし汁 35.0g   しょうゆ 1.0g   本みりん 0.5g
上白糖 0.8g   上白糖 0.8g   みつば 2.0g

作り方

1.高野豆腐、干ししいたけ、黒きくらげは水に戻しておきます。
2.Aの片栗粉以外の材料をすべてフードプロセッサーにかけ粗みじんにきりボウルに入れ、そこに片栗粉を加えてよく混ぜます。
3.2の生地をカップに移して蒸し器で火が通るまで蒸します。蒸し器がない場合は 180度のオーブンで20分間焼きます。
4.Bの片栗粉以外を煮詰め、最後に片栗粉でとろみをつけます。
5.3の焼きあがった生地に4のあんをかければ出来上がり。


   チーズナン 2017/04

紹介

チーズナン

ふわふわモチモチの生地とカリカリのチーズが絶妙なおやつです。


材料

  *分量1人分

強力粉 25g   ベーキングパウダー 0.6g   ヨーグルト(無糖) 20g
上白糖 2g   サラダ油 3g   とろけるチーズ 6g

作り方

1. オーブンを200度で予熱する。 とろけるチーズ以外の材料をすべて混ぜてこねる。

2. 生地がまとまったら手で平らに軽く伸ばし、鉄板に並べてその上にとろけるチーズをかけ、オーブンで20分間焼くと出来上がり。


   春キャベツとポテトのサラダ 2017/04

紹介

春キャベツとポテトのサラダ

春キャベツの甘さが加わることで、季節を感じることのできるポテトサラダです。


材料

  *分量1人分

じゃがいも 15g   キャベツ 10g   にんじん 15g
ハム 5g   マヨドレ 5g   食塩 0.3g

作り方

1.にんじんはいちょう切り、じゃがいもは一口大に切る。
キャベツは2cm程度の色紙切りにする。
ハムは縦に4等分し、1cm幅の細切りにする。

2.沸騰したお湯ににんじんを入れ、柔らかくなってきたらじゃがいもとキャベツを加え、最後にハムも加える。

3.ザルにあけ、水気を切ったらマヨドレと食塩で和えたら出来上がり。


このサイトに掲載の全ての記事・写真・イラストのコンテンツの複写・転載を禁じます

 
ピノキオ ピノキオ幼児舍西葛西園

 
東京都認証保育所
東京都認証保育所